映画と英語を交互に書くブログ。

映画の感想や、覚えた英語を書いたりするブログ。ゆるーくやります。

That's a deal. - 『BLOOD THE LAST VAMPIRE』より

f:id:xxbxxqxx:20161128214040j:plain

 

That's a deal

それで交渉成立だ。

 

このセリフの映画について

BLOOD THE LAST VAMPIRE』は2000年に公開された、Production I.Gによる劇場アニメーションです。

企画は押井守、脚本には、2017年に公開を控える『ひるね姫』監督の神山健治など、豪華なメンツが揃ってます。

舞台は今から50年位前の日本・横田基地アメリカンスクールに転校してきた女子高生が、日常に潜む異形の怪物たちと戦うお話です。日本の中のアメリカが舞台なので、登場人物の多くが英語で会話してるのが面白いです。主人公の小夜役には、ハリウッドを拠点に活躍していらした工藤夕貴さんがキャスティングされてます。英語の発音もシン・ゴジラの誰かみたいに違和感がない。

 

予告編。作画動画のクオリティが素晴らしくて、現代ではロストテクノロジーになってしまったといえるくらいの密度と質感・・・。


Blood: The Last Vampire

 

英語のニュアンス

"That's a deal"はスラングの1つで、「それで決まりだね」や「交渉成立です」などのニュアンスで使われます。

この場合の"deal"は「取引」「契約」を意味する名詞として機能します。

"Good deal!!"(「お得だね」)や、もっと崩して"deal."(「それでいいよ」)など幅広い意味で使われるようです。

 

余談

鬼と戦う『BLOOD』シリーズはこの後TVアニメや実写映画、漫画、ゲームなど様々な展開をしていく、メディアミックスの先駆け的な作品です。

個人的には、本作『BLOOD THE LAST VAMPIRE』をピークに、急激な勢いでクオリティの下降線を下っていくシリーズの様子に呆れ果ててました・・・。

本作も、別に映画として全体の完成度はそこまで高くないと思っているのですが、何しろ映像のクオリティが半端じゃないので、アニメ好きなら一度は見ておいて損はないかと。1時間に満たない長さですし。

 

 

 

Very poor choice of words. - 『ダークナイト』より

f:id:xxbxxqxx:20161127223635j:plain

 

Very poor choice of words.

そいつは言葉の選び方がまずいだろう。

 

このセリフの映画について

バットマンシリーズ続きの記事になりますが。

クリストファー・ノーラン監督によるバットマン・リブート第二弾『ダークナイト』(原題 : The Dark Knight, 2008)。もはやタイトルに"バットマン"が入らないという、当時では挑戦的な作品だったと思います。

 

本作のヴィラン(悪役)であるジョーカー。アメコミ映画とは思えないシリアスでハードな作風とヒース・レジャーの怪演から、本国アメリカでは記録的ヒットを残しました。

 

英語のニュアンス

上記のセリフは、ジョーカーが、主人公ブルース・ウェイン(=バットマン)の幼馴染レイチェルをビルから突き落とそうとする寸前で、「その手を離せ」と言われた際の返事です。

 

ジョーカーからすれば「手を離せば女は真っ逆さまに落ちてくぜ」ってことなんですが(説明するとすごく野暮だな笑)、この土壇場でそんな会話してるのが少し面白いです。

 

日本の中学1年生でも理解できる言葉しか使われてないし、短いセンテンスの中に、常に相手の一枚上をいくジョーカーの余裕な雰囲気も滲ませた、なんともお洒落な言い回し。

 

余談

ジョーカーを演じたヒース・レジャーは、本作の撮影が終わった後、急性薬物中毒でこの世を去ってしまいます。

当時、ヒース・レジャーは次の作品『Dr.パルナサスの鏡』(原題 : The Imaginarium of Doctor Parnassus, 2009)の撮影の最中でしたが、彼の親友であるジョニー・デップコリン・ファレルジュード・ロウが3人で彼の代役を務め、無事Dr.パルナサスの鏡』は完成します。作中ではヒース・レジャー出演シーンもそのまま使われており、彼の遺作となりました。

 

今回紹介したセリフ以外にも、ヒース・レジャーの徹底的な役作りの賜物か、強烈で印象的なセリフが数多く登場しますので、またの機会に記事でも書こうかと思います。

 

 

韓国映画『チェイサー』の感想。

f:id:xxbxxqxx:20161112235111j:plain

続きを読む

Do you feel in charge? - 『ダークナイト ライジング』より

f:id:xxbxxqxx:20161111010104j:plain

 

Do you feel in charge?

お前が一番偉いとでも思っているのか?

続きを読む

Counting on you. - 『オデッセイ』より

f:id:xxbxxqxx:20161111001850p:plain

 

Counting on you.

頼りにしているよ

続きを読む

マヤ文明の時代を描いた映画『アポカリプト』を観た感想。

f:id:xxbxxqxx:20161106232248j:plain

続きを読む

Whereabouts are you headed? - 『ハリーポッターとアズカバンの囚人』より

f:id:xxbxxqxx:20161105204755j:plain

 

Whereabouts are you headed?

どの辺りに向かうんだい?

続きを読む